WEBを利用するには環境を取得しなければなりません

WEBの利用とフリーメールの取得

WEBを利用するには環境を取得しなければなりません ネット上の通信販売や会員登録、企画への応募等、様々なWEBサービスを利用する上で、よくこちらのメールアドレスを求められることがありますよ。こうしたものの中には正直あまりアドレスを教えたくないという場合も少なからずありますよね。そういった時に便利なのがフリーのメールアドレスです。今回はこのフリーのメールアドレスのWEBでの活用について考えてみましょう。まず、この手のフリーのメールアドレスは3つは取得しておくと便利です。1つは永続的に使うであろうネット通販の会員登録や発送・振込先連絡等の取引連絡用に使います。2つ目は通販以外で会員登録した、この先も使うであろうサービスに使います。そして3つ目、これがあまり連絡先を教えたくない場合の会員登録時に使うアドレスです。3つ目のアドレスは、1回きりしか使わないけれど会員登録が必要なサービスや、今ひとつ運営元の信用度が低いサービスの登録に使いましょう。

そしてポイントは定期的にアドレスを変更する事です。どの道永続的に使うサービスには使用しないアドレスですので2ヶ月に1回くらいのスパンで変更すると良いでしょう。もし、足りない場合にはさらに別に1~2個追加で取得しておけばOKです。ただし、複数のフリーメールアドレスを取得する際の注意点としては一定期間ログインしないでいるとアカウントを止められる場合がありますので、連絡用でないアドレスでも月に1回はログインするようにしておきましょう。