WEBを利用するには環境を取得しなければなりません

WEBでメールアドレスを取得も変更も自由自在です

WEBを利用するには環境を取得しなければなりません WEBはパソコンのインターネットを言いますが回線業者と通信業者に契約をすれば接続されます。同時にパソコンの設定をして最初のページが反映されればインターネットを利用することが出来ます。ここまでは回線業者やパソコン購入店でも設定をしてくれますが通信業者のプロバイダのページを個人で登録し1つのメールアドレスを取得しなければなりません。メールアドレスを取得する事が多くの人の第一の難関になっている事です。しかしメールアドレスを得ないとインターネットの利用が出来なくなりますので必ず得なければなりません。そのプロバイダのメールアドレスを利用できれば無料のメールソフトを獲得する事ができます。検索エンジンを探し設定をする事により1つのメールアドレスを獲得する事が出来ます。そのような事で初期の段階では最低でも2つのメールアドレスを獲得する事になります。

プロバイダのメールは以前ではメールソフトで送受信できましたが現代ではプロバイダのページ上でソフトを利用するのではなく利用できる業者があります。どのプロバイダのメールでも迷惑メールが多いですが国内だけで約4箇月に1万通の迷惑メールの着信には驚きです。そのために先日時間を掛けて全てを削除しましたが、それだけでは済みません。来年の4月にソフト販売会社がサポートを打ち切りますので、それまでに国内外で迷惑メールが、ばら撒かれる事を予想しメールアドレスを変えれば防ぐことが出来ますが変えることが出来ないと来年の4月までに削除できない程の迷惑メールに達すると予想したために最近ですがプロバイダのメールアドレスを変更しました。